【報告書】作成者:ましろ

Top Page › ことばのらくがき › 想い。
2009-06-28 (Sun) 23:59

想い。

[757] 投稿者:ガミさん

久坂がこの歌を詠んだ文久元年頃は、一般的に、長州勢は
京都で我が世の春を謳歌していた、ということになっている。
でもこの歌には、「自分の気持ちは月しか聞いてくれない」
という悲壮な気分や切なさが感じられる。
「防長第一」といわれた久坂だけに、華やかな志士活動の中でも
どこか同志に理解されなかったり、孤独を感じて
いたのかもしれないな。

……なぜか歌の読み下しになってしまった。

2009/06/28(Sun) 16:50:03
----------------------------------------
幕末ゼミサイト>BBS [695] 【解析】提供情報各班解析結果総合まとめ」より一部抜粋
http://nishiya-bakumatsu-semi.com/imageboard/detail.php?id=695
-----------------------------------------------------------------------------
歌の読み下し。最も惹かれた一句だっただけに、しばし想いをめぐらせた瞬間。
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント